離乳食を一週間やってみて気付いたことやコツなど

離乳食を始めて一週間が経ちました。

少しずつ食べるようになった気もしますが、だらーっと流れ出たり…そんななか気付いたこと感じたことをまとめてみました。

とりあえずソフトスタイが大活躍!

デザイン8割で選んだスタイでしたが、これが大活躍!

ベビービョルン 【日本正規品保証付】 ソフトスタイ ターコイズ

上手く飲み込めず、だらーっと口からお粥が出てきて、ティッシュで拭き取るには限界が…

このスタイがそのだらーっと流れ出たお粥たちを全て受け止めてくれました。

あとはスタイを外して水でさーっと流すだけできれいに!

首の太さに合わせてスタイの紐の長さも調整できますし、おすすめです!

とにかく冷凍がおすすめ!

最初は、とりあえず多めに作って冷凍しておこうかなという軽い気持ちだったのですが、

一週間経った今、感じたことは

こんな少量ずつ毎日作っていられない!冷凍していて良かった(>_<)

実際、私が高熱で辛い状況だった時も

冷凍した10倍粥があったおかげでなんとか毎日離乳食を続けることができました。

私の不調のせいで息子の離乳食がストップしてしまうのは避けたかったので、冷凍していて良かったとしみじみ…

今後作る物はとにかく冷凍しようと、野菜や豆腐用に新たに製氷皿も購入しました!

冷凍するなら朝に作る必要なし

以前書いた記事に、朝8時からお米を炊き離乳食を作ったと書いたのですが、

冷凍するなら時間のあるときに作ればいいので、

わざわざ朝の忙しい時に作らなくても良かったなと思いました。

10倍粥の次に始めたにんじんも、息子がご機嫌なお昼過ぎに裏ごししまくって冷凍して次の日からの離乳食に備えました。

裏ごしするなら野菜は小さく切っておくべき

そのにんじんの裏ごしから学んだことですが…

10倍粥は色んな本やサイトで予習をしていたのですが、

体調を崩していたのもあり、一週間はあっという間に過ぎ、バタバタと野菜を追加するタイミングに。

にんじん一本を輪切りにして電子レンジでチンして裏ごしにするという作り方があったので、その通りにやってみると…

にんじんの太い方を裏ごしするのがすごく大変でした。

にんじんの太い部分はせめて1/4程度に切ってからレンチンして裏ごしするべきだったと…

レンチンした後に切っても良かったのかもしれませんが…

まとめ

そんなこんなで、いまだにバタバタの離乳食ですが、これからも少しずつ量と種類を増やしていきたいと思います!何か参考になることがあれば幸いです(*^^*)

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする